2016年10月31日

お口の治療、あきらめてませんか?

こんばんは。
今日は、お食事中の方は、スミマセン、な画像から。

14歳のわんちゃんの歯科処置前の画像です。
20329
歯が一面、歯石に覆われ、臭いもさることながら、痛みからヨダレと食欲の低下もみられました。
他の病院では、歳だから、お薬で様子みましょう……と言われていたそうです。

でも、ここで、言いたいのは、年齢で、麻酔をかけれない、ということは、決してないということ。
もちろん、リスクは、若い頃に比べれば、上がりますが、通常、術前にしっかり検査をして、内臓、心臓などの評価を行ったうえで、適切な麻酔管理のもと処置することのメリットとリスクを総合的に判断しています。

で、この子は、特に今のところ、心不全兆候も内臓の機能低下も検査上は、認めなかったので、QOL(生活の質)の改善の効果が高いと考え、処置させていただきました。
処置直後の写真です。
20331
歯肉炎も酷く、10本ほど抜歯処置も行いましたが、
よだれもなくなり、元気にご飯を食べれてるとのことですにこにこ

皆さんの中にも、歳だから…と歯科処置をあきらめてる方がいれば、ぜひ、1度、かかりつけの先生とよくご相談してみてください。
歳だからと諦めず、
適切な検査による評価と体の状態に合わせた麻酔管理のもと、歯科処置をすることで、わんちゃんが貴重な時間を、より笑顔で楽しく快適に過ごせるかもしれませんきらきらきらきら

そして、普段からの歯磨きの重要性は、重ね重ね、強調したいと思います。
歯科処置後も、歯磨きをしなければ、半年ほどで、元に戻ってしまいます青ざめ
わんちゃんのはみがきレッスンも、今後、開催していけたらと思い、計画中ですにこにこ
乞うご期待ください八分音符
posted by 笑む at 23:16| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: