2016年10月15日

犬の体に優しい犬具

今日は、先日参加したセミナーのお話。
テーマは、犬のハーネスとロングリードについて。
20116
どちらもお馴染みの犬具ですが、
皆さんは、首輪が、犬の健康に与える影響をご存知でしょうか?

動物福祉の先進国であるヨーロッパの国々では、今やチョークチェーンは、禁止になってるばかりでなく、犬の体のことを考えると胴輪(ハーネス)が当たり前になってるという事実を。

リードを引くことで、首や咽頭へダメージがあるだけでなく、眼圧の上昇や、甲状腺へのダメージ、前足の跛行の一因になる、等々、学術的にも発表されています。

今回のセミナーでは、ハーネスを着けて、ロングリードで、お散歩をする為のリードワークを笑む君と学びました。

秋晴れの上野公園を4.5メートルのロングリードとハーネスで、はじめての場所でも、笑む君ものびのびと、楽しくお散歩レッスンできました顔1(うれしいカオ)

今までのリード使いと違い、自分的に戸惑うとこも多いのですが、もう少し練習を重ねて、皆さんにもお伝えしていけたらと思ってますきらきら


posted by 笑む at 00:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: